Data Security and Key Management - Thales e-Security

Time Source Master Clock

   

Time Source Master Clock

組織全体のセキュアで正確、監査可能な時間


FIPS 140-2

Thales e-SecurityのTime Source Master Clock (TSMC)は、組織全体に正確な時刻をセキュアに配信することによって、一貫して正確かつ監査可能な時刻スタンプを可能にするネットワーク接続型のタイムアプライアンスです。TSMCは、信頼できる時刻ソースへのセキュアで検証可能な経路を必要とするビジネスプロセスに対するTime Stamp Serverの有益な補完機能です。TSMCは業界標準のネットワークタイムプロトコル(NTP)の認証暗号化バージョンを導入することにより、単一のソースからタレスの複数のTime Stamp Serverに監査可能な時刻をセキュアに配信できるようにします。Root Time Authorityによる定期的な時刻校正に関する監査記録が必要とされる場合、TSMCは承認された協定世界時(UTC)ソースとの同期に関する認定された記録を提供することもできます。Time Source Master ClockとTime Stamp Serverが連携することにより、広範囲のアプリケーションにHigh-Assuranceなタイムスタンプを配信します。Time Source Master Clockは、FIPS 140-2レベル3の認定を受けています。

Time Source Master Clockの利点

  • Ÿ   タイムスタンプソリューションの整合性と正確さ、監査性の改善
  • Ÿ   UTC基準での監査が可能な単一のセキュアで信頼される時刻ソースの提供
  • Ÿ   組織全体への正確な時刻の配信
  • Ÿ   高度にセキュアなトランスポートプロトコルを介したTime Stamp Serverおよび外部の時刻配信機関との通信による時間値の正確さと完全性の保護とその徹底
  •    設定と管理が容易

    

Time Source Master Clockの特徴

セキュリティ関連

  • Ÿ   ルートの時刻配信機関による定期的な時刻校正で、高度に正確かつセキュアなネットワークアプライアンスにより信頼できる時刻ソースを提供します。
  • Ÿ   セキュアな時刻配信プロトコル(DS/NTP)により、ネットワーク攻撃から時刻値を保護します。
  • Ÿ   検証可能な時刻ソースにより、デジタルのタイムスタンプ署名内で信頼して使用することができます。否認しえない情報を提供すると共に将来にわたってデータ完全性を検証できるようにします。
  • Ÿ   高度に正確な基準クロックにより、外部時刻基準が一時的に使用できなくなっても組織全体で正確な時刻が維持されるようにします。

運用関連

  • Ÿ   相互認証された検証チェーンにより時刻ソースのセキュリティが確保され、監査可能な時刻であることを証明する証明書が提供されます。
  • Ÿ   標準に基づく制御により組織全体に正確な時刻が配信され、組織全体で時刻値の完全性が維持されます。
  • Ÿ   暗号化認証されたネットワークタイムプロトコル(NTP)により、1つのソースから複数のTime Stamp Serverへの監査可能な時刻のセキュア配信が保証されます。
  • Ÿ   承認された世界協定時(UTC)と同期することにより、証明可能な監査が可能になります。
  • Ÿ   初期設定後、担当者はWebベースのユーザインタフェースを使用して装置を遠隔管理することができ、作業が効率化されます。

Time Source Master Clockのオプションとアクセサリ


クイックリンク


製品の種類

権威あるいくつかの時刻ソースを使用できるようTime Source Master Clockには2通りの製品があります。

  • TSMC-GPS: Thales Time Source Master Clock、全地球測位システム(GPS)および1 PPS (パルス毎秒)時刻の入力
  • TSMC-IRIG: Thales Time Source Master Clock、IRIG-B (Inter-range Instrumentation Group standard, Code B, 110 PPS)時刻入力

Time Stamp Server

Time Source Master ClockはThales e-Securityのターンキー、ネットワーク接続型のアプライアンスであるTime Stamp Serverの姉妹品です。正確な時刻を維持し、セキュアなタイムスタンプを作成することで、作成時刻やファイリング時刻、その他の電子記録や電子アプリケーションに関係する事象の発生時刻が記録されます。

Time Source Master Clockの仕様

サポートするプロトコル

DS/NTP。ネットワーク攻撃から時刻値を保護し、時刻同期のための監査と校正の自動プロセスを内蔵したセキュアな時刻配信プロトコルです。

タイミング精度

  • ネットワーク: 1~10ミリ秒(代表値)
  • GPSおよび1PPS: ±100ナノ秒
  • OCXO-DHQオシレータ(TSMC-GPS装置):

                                    短期安定度(T = 1秒): 2•10•12

                                    フリーラン時精度: ±300ミリ秒/年

  • IRIG: ±10マイクロ秒
  • OCXO-HQオシレータ(TSMC-IRIG装置):

                                    短期安定度(T = 1秒): 5•10•12

                                    フリーラン時精度: ±1.6秒/年

認証

  • FIPS 140-2レベル3
  • 連邦通信委員会(FCC): CFR 47, Part 15, Subpart B, Class A
  • CE認証: EN55022 Class A; EN55024-1; EN60950
  • 米国国立標準技術研究所(NIST): FIPS 140-2レベル3認証
RoHSコンプライアンス情報

Time Source Master Clock Data Sheet

Time Source Master Clock

Related Product